GPD WIN Max 2021

親愛なる日本のお客様、いつもGPD製品をご愛好いただき誠にありがとうございます。ハンドヘルドゲーミングPCというジャンルは、当社が独自に2016年より開発したコンセプトです。

GPD WIN Max 2021では、i7-1195G7のインテル版だけでなく、GPD史上初となるAMD Ryzen 7 4800U版を準備いたしました。

大画面のGPD WIN Maxは、汎用性の高いゲーミングPCを求めるユーザーにとって、もっとも優れた選択肢です。GPD WIN Max 2021 は、ゲームだけでなく、オフィス用のノートPCとしても使えるオールインワンデバイスというコンセプトのもと、ユーザーのニーズは無限大です。

生産性を重視するユーザーには、AMD Ryzen 7 4800U版の方が適しているでしょう。マルチタスクの並列処理では、8C/16Tの方が性能が高く、特にコンパイルが必要なプログラムの場合は、8C/16Tの方が良いでしょう。

一方、コア性能の高いソフトウェアではインテル Core i7-1195G7が優れています。16スレッドをフルアンロックした場合、インテル Xeon E5-2630 v3に匹敵する性能を発揮しますが、消費電力はXeon の1/4です。コンパイル時にマルチスレッドを必要とするプログラムや、各シングルコアを最高速度で動作させなければならないプログラムもあり、特にゲームに関しては効率が高ければ高いほど、パフォーマンスが向上します。

どちらのプラットフォームも過去最高の性能を発揮し、インディーズPCゲームからAAAタイトルまでを動かすのに十分な性能を持っております。もちろんその性能はラップトップPCとしても最高レベル、またUSB4により大きな拡張性もあります。ぜひご検討ください。